元看護士元風俗嬢という異例な経歴を持つ漫画家、沖田×華さんのヒット作

透明なゆりかご

 

 

高校生時代にバイトとして経験した産婦人科での看護師見習い経験から実話をもとにしたマンガです

実話だと思うと読み終わった後にすごく色々な事を考えさせられる作品です

 

 

3話 ネタバレ あらすじ

沖田さんの産婦人科医院に

紙袋に入った捨て子が置いてありました

 

 

黄疸もあって低体重の女の子は

しずちゃんと仮の名前を付けられました

 

 

子供嫌いだったはずの沖田さんですが

なぜかしずちゃんにとても魅かれます

 

かわいくて仕方がなく同時に同情の念も・・

 

 

 

ある日、病院に高校生とその両親が訪れます

 

しずちゃんの母親でした!

 

近所のゴミに出すつもりだった

自転車で遠くに捨てにきたのに

無駄になった

 

 

そう言い放つ高校生を見て

殴ってやりたいくらいの

衝動に駆られる沖田さん

 

 

結局、高校生の両親が引き取り

養子縁組をして育てる事になりました

 

 

しかし、どうにも怒りの収まらない沖田さん

 

 

退院後、住所と名前を頼りに

一言言ってやるつもりで家を出ました

 

 

しずちゃんの家に向かう沖田さん

 

 

しかし、隣町といえど結構遠く

赤ちゃんを産んだばかりの体で

赤ちゃんを持って移動するのが

すごく大変だと気付きます

 

 

そして、道中、捨てるところは

たくさんあることにも気づきます

 

 

ではなぜ産婦人科に?

 

 

もしかして

 

どんな酷い母親でも

自分でも意識しない

【見えない愛情】

を子供に対して持っているのでは

そう思った沖田さんは涙が出てきました

 

 

透明なゆりかご 1巻3話の感想

2話に引き続き

沖田さんの希望的観測が

感じられるエンディングです

 

もしかしたら…

2話のお母さんは

子供が可愛いと思えず

虐待してしまったのかも

 

 

 

もしかしたら…

しずちゃんママは

子供を殺す罪悪感に苦しみたくなくて

極力、死なない方法を

選んだだけなのかもしれない

 

 

でも

わかりもしない真相をイチイチ暴くより

沖田さんのように希望を持った

考え方ってすごく大切ですよね

 

じっくりと読み込んで欲しい作品ですが、重いテーマの話もたくさんあるので、まずは試し読みをおススメします

 

▽無料試し読みはこちら▽

>>透明なゆりかご <<

 

4話のネタバレ 感想

透明なゆりかご 記事一覧