CHAPTER17 遠雷①

高圧的な態度で中に入れろと言う香子

 

零は拒否するも無理矢理入られてしまった

 

流れで泊っていくことになった

 

どうやら最初からそのつもりだったらしく

香子はしばらく家に帰っていなかった

 

 

零はその翌日、対局を控えていた

 

相手は老棋士の松永

 

次に負けたら引退を検討しているという噂だった

 

その松永を知る香子は

零がわざと負けるのではないかと嘯く

 

 

CHAPTER18 遠雷②

40年のベテラン棋士である松永

 

対局が始まるとすぐに零は混乱した

 

全く相手の作戦が読めない

 

攪乱作戦かと思いきや行き当たりばったりの

ただのへたくそだった

 

それに気づいた零はすぐに王手をかけた

 

 

負けは認めたもののどうにも態度の悪い松永

 

挙句の果てには帰り道で転倒したのを

零のせいにしてしまった

 

特上のウナギをおごれと言う松永

 

絵に描いたような老害だった

 

 

感想

なんだかこの作品らしくない人物が出てきました。

ほんと老害ですね。

でもきっと零は何かこの人から得るものがあるんでしょうね。

ただ老害でしたー、では終わらないはず!

 

 

19,20話のネタバレ