監禁嬢

22ネタバレです

※無料試し読みはページ最下部へ

 

監禁嬢 22話 ネタバレ

イワノとマキは、下北沢にある

とあるライブハウスに向かいました

 

イワノの元カノ

アオイに接触するためです

 

 

アオイはバンドを組んでいて

一度メジャーデビューしています

 

ですが事務所と揉めたため

解雇されていました

 

音楽好きのマキは

このバンドをどうやら知っていた様子

 

イワノはそのバンドのボーカルが

自分の元カノだということを

マキに伝えました

 

そして・・・

 

「ごめん、フジモリ

オレ、甘えてたんだ」

 

 

「悪いんだけど先帰ってくれ」

 

 

一人でアオイと話したいと

マキを置いて行ってしまいます!

 

 

ぽつんと一人残されたマキは

イワノの身勝手な行動に

愕然としてしまうのでした

 

 

一方イワノはスタッフに

アオイのいる楽屋へと案内されます

 

楽屋には

タバコをふかす黒髪ロングの

関西弁の女性がひとり

 

 

「びっくりさせんといてや

ヒロくん」

 

 

 

それがアオイです

 

「てか、ヒロくん呼ぶのも

何かちゃうか・・・」

 

 

「元気やった?イワノくん」

 

この間イワノが発した言葉は

 

「ごめん・・・」

 

の一言のみ

 

元カノだからなのでしょうか

少々気まずそうな顔をしています

 

それを見たアオイは

 

場所を移して話そうと

 

上着を羽織り立ち上がりました

 

ですがイワノは

カコのことを聞きに来ただけです

積もる話があるわけではありません

 

 

外に出ようとしたアオイを引き止め

タートルネックに南京錠

というカコの特徴を教え

そういった女に覚えはないかと訪ねます

 

ですがやはりアオイも

 

「悪いけど全く知らへんわ」

 

カコのことは知らないようです

 

 

「そ、そっかありがとう

じゃあこれで・・・」

 

アオイとあまり

話したくないのでしょうか

 

イワノはさっさと

 

逃げるように

楽屋から出ようとします

 

そんな焦るイワノを見て

 

 

「もう書いてへんの?」

 

 

と、アオイ

 

「書いてない」

 

イワノは弱々しく返事をします

 

 

「そうなんや

でもまあいいんちゃう?

ヒロくんが今幸せなんやったら・・・」

 

 

早くこの場から立ち去りたいと

焦るイワノに

更にアオイは続けて言います

 

「ミサちゃんによろしく」

 

無機質な笑顔のアオイに

恐怖のようなものを感じ

 

「・・・うん」

 

と、これまた弱々しい返事で

楽屋を去るイワノ

 

 

今回もカコに関する収穫はゼロ

 

唯一の手がかりであった

写真の人物は

皆、カコのことは知りませんでした

 

 

ひどく落胆するイワノに

 

「イワノさん」

 

頭上から

彼を呼び止める女性の声が

 

 

驚いて見上げると

ビルの屋上には

カコの姿が!

 

 

一方、ライブハウスでは

 

アオイに新たな訪問者が

訪れていました

 

 

その訪問者とは・・・

 

「アオイさんですよね・・・

少しお時間ありますか?」

 

先に帰ったはずの

マキでした

 

 

監禁嬢 22話 感想

今回はイワノさんの

情けない姿が満載でしたねw

 

たしかに元カノに会いに行くのは

気まずいですが

あの態度はちょっとおかしいですよね

 

もしかして

アオイと付き合っていた頃に

何かあったのでしょうか?

 

次回、謎に包まれていた

イワノの過去が少しだけ分かっちゃうかも?

 

 

監禁嬢はハンディコミックで

配信されてます

 

トップページで

監禁嬢と検索すると

無料で試し読みが出来ます♪

 

こちらから試し読みできます

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

 

>>ハンディコミック<<

 

監禁嬢 ネタバレあらすじ 23話 ヒモ男イワノ! 感想