迷家~ツミトバツ~ ネタバレ 感想 無料試し読み

迷家~ツミトバツ~ ネタバレ

酒井光宗(さかいみつむね)は16歳の高校生

彼の双子の兄、時宗(ときむね)は幼い頃に亡くなっています

 

その事故から母親は精神をやられてしまい光宗の事を

時宗と呼んでいました

家族の中では誰もその事には触れないようにしています

 

 

光宗は【人生やり直しツアー】という怪しいツアーを

ネットでみつけました

怪しいと思いつつ、友人の楓人(はやと)を誘い

ツアーに参加することに決めました

 

 

ツアーは通常のバスツアーなどとは違い空気がおかしい

 

バス内でのゲームでは、負けた罰ゲームで遺書を読むという

不可解な演出までありました

 

バスは進み、目的地の【納鳴村】まであとちょっと

しかし、道幅が狭くバスが通れません

そこからバスを降り、徒歩で移動することになりました

 

参加者たちは森を抜け、人気の全くない村に到着しました

 

突然、ツアー参加者の真咲(まさき)が気を失いました

 

宗光が支え、休ませるために空き家で休憩をとることに

 

気を失う少女

発狂する少年

ヒステリーを起こす少女

 

人生やり直しツアーなんていうものに参加する人々だけあって

みんなおかしな状態になりました

 

ひとまず、発狂した少年ジャックは地下牢に監禁されました

 

トラブル続きで、楓人に村を出るよう提案されましたが

真咲からは村を出ないで欲しいと言います

 

悩んだ挙句、真咲が心配になった光宗は村に残る事を決めます

 

楓人を含む数人のメンバーは村を出て行きました

 

残ったメンバーは食事をとり、安全面から男女とも同じ民家で

朝を待つことにしました

 

 

しかし、みんなが寝静まった後、真咲が一人家から抜け出します

 

 

後を付けた光宗ですが、突然彼女の悲鳴が聞こえてきました

 

急いで駆け付けるとそこにはでっかいペンギンが!

 

光宗はそのでかいペンギンに潰されてしまいます

 

 

命に別状はなく、意識を取り戻した光宗ですが

状況整理に混乱していると新たな問題が

 

先に下山したメンバーが次々に運び込まれてくる

 

実は地図を見ながら下山したのですが

地図に載っていない崖があり回り道をすると

なぜか同じ場所をぐるぐる

 

さらに、監禁したはずのジャックが脱獄し

襲い掛かってきたそうです

 

牢屋を確認すると、鍵は外側から破壊された痕跡がありました

誰がそんな事を?

 

ツアー参加者に裏切者がいるのか?

迷宮のような山はなんなのか?

この村は、このツアーはなんなのか?

謎は深まるばかりです

 

 

感想

ミステリーの王道テーマで個人的には好みのマンガです

 

他の方のレビューを見てみると

「登場人物が多すぎる!」

という書き込みが見られますが…

 

3巻で完結する物語の中に30人くらいでてきますからね

 

でも、薄くしか描かれなかったキャラは

脳内から消してしまいましょう!

特に覚えなくても影響ないですww

 

ストーリー自体は楽しめますよ!